ご挨拶

TOP > ご挨拶

1980年、学習指導要領に初めて「ゆとり」という言葉が使われて以降、日本の公教育は強い危機感を覚えずにはいられない状況に陥ってしまいました。
ゆとり教育ならぬ「弛み教育」、目を覆わんばかりの学力低下、向上心・上昇志向の欠如、自己中心的な生活態度等々。

天然資源の少ない我が国が、これまで世界に伍して発展をしてこられたのは、優秀な人的資源によってであることは言うまでもありません。かつてこの国を牽引してきた素晴らしい人的資源と日本人本来の誇りを、教育再生によっていま一度取り戻したい。しかも、一刻も早く、初等教育のうちから。その強い想いが、本校設立の原点です。

よって私たちが志す教育とは、読み・書き・計算という、思考力や問題解決力の礎となる学力の育成は勿論のこと、正しい躾や、国を愛する心(古典や伝統文化に触れたり、歴史や偉人伝などから日本の素晴らしさを知る)を育む独自の教育です。また、自然や動物とのふれあいを通じて、生命を尊ぶ心や思いやりを育むとともに、勉強に限らずスポーツでも芸術でも、何かで頑張る大切さを身を以て教え、将来夫々の世界でリーダーシップの執れる人材を育成することを目標とします。

守山区緑ヶ丘の高台に建つ本校校舎屋上からは、名古屋駅前の高層ビル群から東山タワーまで見通すことができます。そうした抜群のロケーションと恵まれた自然環境の中、私たち教職員一同は、保護者の方々、地域の皆さま方からのご協力を仰ぎながら、この教育目標を具現化するために、真摯に子どもたちと向き合い、日々研鑽を重ねて参る所存です。新しい小学校の今後にご期待ください。

名進研小学校校長 森田圭介