国際人教育

伝統文化

日本の伝統文化を、
6年間にわたって学びます。

日本の心を伝えるため、伝統文化を学ぶ時間を設けています。茶道・華道・礼法・着付けなどを学び、能や狂言などの日本の伝統文化や四季折々の伝統行事にふれることで、日本のすばらしさを発見し、自国文化への造詣を深めます。

日本の伝統文化に親しみ、品格ある心を養います。

名進研小学校では「茶道」「華道」「礼法」「着付け」などの伝統文化の授業を通して、礼儀や心配りの精神を学び、心の豊かさを育みます。「茶道」では、クラス内で茶会を催し、「華道」では、参観日に校内に花を生けるなどしています。「着付け」では各自で浴衣を着付け、学級ファッションショーをおこないます。こうした体験学習を通じて、日本人として品格のある心を養います。

第一線で活躍する方を招き、
本物にふれる機会を設けます。

伝統文化の授業の一環として、第一線で活躍する狂言師さんを招き、校内の能舞台で「狂言教室」をおこなっています。ワークショップも併せて開催し、子どもたちは、長い時間をかけ育まれた日本文化を体感することで、豊かな感性と創造力を養います。自国の文化を知り、尊ぶ心を持つことは、子どもたちが真の国際人として羽ばたくうえで大きな強みとなるはずです。

英語教育

体験的な活動も含めた
実践的な英語を学びます。

英語の授業を1年生から3年生は週に3時間、4年生から6年生は週に2時間設けています。そのうち週に1時間は指導経験豊かな外国人教師が、残りの週1ないし2時間は海外生活の経験がある日本人教師が、初めて外国語に触れる子どもにもじっくり学べるよう指導します。外国人教師との授業では、フォニックスや音声主体の文法練習メソッドを使って、低学年では歌やゲームを通して体を動かしながら、高学年では読み書きを交えながら楽しく英語に親しんでいきます。2年次からは、個人のレベルに応じたJE T(ジュニア・イングリッシュ・テスト)も受検します。また、4年生秋の校外学習では大阪のイングリッシュビレッジを訪れ、アメリカ文化を体験しながらの英語学習、さらに5年生の夏休みには、希望者による福島県のブリティッシュヒルズでの宿泊研修も用意し、“使える英語力”の育成を図ります。