施設環境

単に最新であるばかりではなく、
ひとつひとつの施設に、私たちの教育理念が投影されています。

日本の心を伝えるため、伝統文化を学ぶ時間を設けています。
茶道・華道・礼法・着付けなどを学び、能や狂言などの日本の伝統文化や四季折々の伝統行事にふれることで、日本のすばらしさを発見し、自国文化への造詣を深めます。

学びの場

公立小学校の約1.5倍の面積を確保し、
目的に応じた多様な授業を展開

子どもたちが最も多くの時間を過ごす普通教室は、定員30名に対し90㎡を確保。採光性にも優れ、少人数指導やグループ学習など多様な学習形態を通して高い教育効果を実現します。

  • 図工教室

    木のぬくもりを感じさせる図工室は採光性にも優れ、安全面も配慮しています。

  • 理科室

    すべての実験用具を1人1台用意。準備、実験、後片付けまでを全員がおこないます。

  • 家庭科室

    裁縫・調理実習の際に活動しやすいように十分な広さを確保し、安全面にも配慮しています。

  • 音楽室・合唱スペース

    座学教室に加え合唱・合奏専用スペースも用意し、幅広く音楽に親しむ授業をおこないます。

  • 能舞台

    三間四方の能舞台を設置しています。 日本の伝統文化を学ぶ実践的な教育を展開します。

  • 和室

    和室には、茶道のための炉や水屋、お茶の道具などが完備されており、本格的な茶室の雰囲気となっています。茶道・華道・礼法を中心とした伝統文化の授業でも使用します。

憩いの場

  • メディアルーム(図書室)

    教員が常駐し、自発的な学習や読書活動を促す蔵書1万冊以上の図書室には、PCコーナーを設けてICT教育にも力を入れています。先進的な情報環境を整えることで、子どもたちの知的好奇心を最大限に引き出すメディアセンターとしての魅力的な空間を創出します。

  • 里山・ビオトープ

    元々の里山に自生した桜の木やどんぐりの森を保存し、散策小道のある雑木林やどんぐり広場を整備してあります。ビオトープとして小川や池も整備し、野山や水辺での遊びなどの自然体験を通して逞しい心身を育成します。

  • 保健室

    プライバシーを保てる十分なスペースに、ベッドを2 台配置。運動場に面しており、すぐに処置ができます。

交流の場

  • 馬場・厩舎

    厩舎には複数の馬・ポニーがいます。子どもたちは馬とのふれあいを通して豊かな情操を育み、広々とした馬場での乗馬体験を通して品格ある人間性を育みます。

  • 運動場

    各教室から運動場へ直接出入りでき、休み時間はのびのびと遊ぶことができます。

  • 体育館

    天井が高く広い空間で子どもたちがのびのびと運動を行えるよう、自動開閉式の窓から空気を自然に取り入れ換気が行えます。体育館脇には備蓄庫があり、災害時に備えて食料や飲料水など必要なものをそろえています。